トヨタに使用するATFは何ですか?
(Dexron、Type Tおよびその他のATFの互換性)


EN | RU | JP

Eugenio,77
mail@toyota-club.net
© Toyota-Club.Net
2003年4月〜2021年4月


さまざまなATFタイプの互換性に特化した記事の更新バージョンの紹介。近年発生したトランスミッションとオイルの変化とロジスティクスの変化を考慮しています。タイトルで提起された質問への回答から始めて、次にトヨタの主要なトランスミッション液を見てみましょう。


勧める経験に基づいて使用可能
D-II任意のATFがDexron II / III仕様に適合
タイプ T任意のATFがDexron II / III仕様に適合
タイプ T-II任意のATFがJWS 3309仕様またはDexron II / IIIに適合
タイプ T-IIIT-IVまたは任意のATFはJWS 3309仕様に適合
タイプ T-IVT-IVまたは任意のATFはJWS 3309仕様に適合
WSWSまたは任意のATFがJWS 3324仕様を満たしている
TCTCまたは任意のCVTFがJWS3320仕様に適合
FEFE FE、TC、または任意のCVTFがJWS3401仕様に適合

ATF D-II
P/N: 08886-00305 (4L), 08886-00306 (1L), 08886-81006 (1L)
仕様: JWS 2318K

密度、15°Cで0.866
引火点、°C185
沸点、°C316
流動点、°C-40
粘度、40°C、cSt 35.1
粘度、100°C、cSt7.1

1980年代以降の日本国内市場モデルのATF仕様(トランスミッションシリーズA13#、A24#、A54#、A4#、A34#、A44#など)。同じモデルのすべての海外市場では、Dexron II / IIIを使用する必要があります(「D-II」については触れません)。

この流体を正確に使用するための技術的な意味はありません。Dexron IIまたはIIIの仕様を満たすATFを使用する必要があります。

ATF D-III
P/N: 08886-01605 (4L), 08886-80506 (1L)

密度、15°Cで0.861
引火点、°C156
沸点、°C-
流動点、°C-
粘度、40°C、cSt32.3
粘度、100°C、cSt7.0

この流体は、クラシックトランスミッションを搭載したモデルの製造終了後、かなり遅れて登場したため、自動車の修理またはメンテナンスマニュアルには記載されていません。時代遅れのD-IIの純正代替品としてすべての市場で入手可能です。

この流体を正確に使用するための技術的な意味はありませんが、状況によっては、D-IIIは他のATFよりも簡単に入手でき、費用対効果が高い場合があります。

ATF タイプ T
P/N: 08886-00405 (4L)

密度、15°Cで0.870
引火点、°C186
沸点、°C-
流動点、°C-55
粘度、40°C、cSt32.4
粘度、100°C、cSt7.4

1988-2002年に全輪駆動オートマチックトランスミッションA241HおよびA540Hに使用され、センターディファレンシャルロックカップリング操作を改善します。

これまで国内市場で入手可能。 海外市場では、タイプT-IVは半公式にタイプTの代用と見なされます(TSB 1999)。

現地での長期的な経験から、これらのトランスミッションは、全輪駆動のパフォーマンスを低下させることなく、通常のDexronタイプのATFを使用するとうまく機能することがわかっています。

タイプTの市場提案は小さすぎ、この流動性を正確に求めて購入する意味がありません。タイプT-IVを代替として使用すると、十分に古いトランスミッションの損傷を引き起こす可能性があるため、Dexron IIDまたはIIIF仕様を満たすあまり積極的でない流体を使用するのが最善です。

ATF タイプ T-II
1990〜1997年に一部の電子制御AT(たとえば、FRセダンのシリーズA34#)に使用されます。正式にT-IVに置き換えられました。
実際には-従来のATFに正常に置き換えられました。タイプT-IVを代替として使用すると、十分に古いトランスミッションの損傷を引き起こす可能性があるため、Dexron IIまたはIIIの仕様を満たす、攻撃性の低い流体を使用するのが最善です。

ATF タイプ T-III
Flex-Lock-Upを備えた一部のAT(一部のA34#、A35#、A541E、A245E)で1994〜1998年に使用されました。正式にT-IVに置き換えられました。

ATF タイプ T-IV
P/N: 08886-82025 (5L Euro), 08886-81015/01705 (4L), 08886-81016 (1L), 00279-000T4 (1q USA)
仕様: JWS 3309

密度、15°Cで0.852
引火点、°C185
沸点、°C316
流動点、°C-48
粘度、40°C、cSt34.0
粘度、100°C、cSt7.3

1997年以降に導入されたすべてのアイシン4/5-ATの主な仕様(U44#、U34#、U24#、U14#、初期のU15#、A65#、後期のA24#E、A34#)。

2000年代の初めには、当時は珍しく高価だった地元の市場T-IVではなく、伝統的なDexron III ATFがここでうまく使用されました。その後、独立した石油生産者が3309仕様のATFおよびユニバーサルATFの生産を確立しました。その後、純正T-IVの配送が大幅に増加し、その結果、最も手軽で安価なATF 3309仕様になりました。同様のアイシンATを持つ他の車の所有者は、純正ATF(アウディ、シボレー、大宇、フィアット、フォード、マツダ、オペル、ポルシェ、PSA、ルノー、サーブ、スズキ、VW、ボルボなど)。

T-IVを新しいATF WSで完全に置き換えることは、最新のATでは技術的に許容できますが、起こり得る結果のために、十分に長く作動するトランスミッションには不適切です。
T-IVの代わりにDexron仕様のATFを使用しても悪影響はありませんが、現代の状況ではそれは合理的ではありません。
同様に真の解決策-純正のタイプT-IV液体を使用するか、任意のATFを使用するかは、状況に応じてJWS 3309仕様を満たします。

ATF WS
P/N: 08886-02305 (4L), 08886-00289 (1q USA), 08886-81210 (1L Euro)
仕様: JWS 3324

密度、15°Cで0.850
引火点、°C175
沸点、°C316
流動点、°C-
粘度、40°C、cSt23.0
粘度、100°C、cSt5.5

最新の5/6/8/10速トランスミッション(シリーズU15#、U66#、U76#、A75#、A76#、A96#、AA8#、AB6#, UB8#, AGA#)に使用された2004年以降の主な仕様。これは、以前のT-IVに比べて粘度の低い流体です。

WSの市場提案で十分です。同様に真のソリューション-純正のWS液を使用するか、任意のATFを使用するかは、状況に応じてJWS 3324仕様を満たします。

CVTフルードTC
P/N: 08886-02105 (4L)
仕様: JWS 3320

密度、15°Cで0.850
引火点、°C175
沸点、°C316
流動点、°C-50
粘度、40°C、cSt30.0
粘度、100°C、cSt7.3

最初のトヨタ/アイシンCVTとともに、CVTトランスミッション用の最初の特殊流体が2000年に導入されました。

純正のTC液を使用するのが最適です。また、JWS 3320仕様を満たす任意の流体を使用することもできます。緊急時にユニバーサルCVTFを使用できます。

CVTフルードFE
P/N: 08886-02505 (4L), 08886-81390 (5L Euro)
仕様: JWS 3401

密度、15°Cで0.840
引火点、°C175
沸点、°C316
流動点、°C-45
粘度、40°C、cSt22.4
粘度、100°C、cSt5.2

2012年以降、すべてのCVTが新しい「省エネ」流体FEに徐々に移行し始めました(粘度が大幅に低下し、添加剤の有用性が低下しました)。

純正のFE液の使用が最適です。緊急時にユニバーサルCVTFを使用できます。



「なぜ今これについて書くのですか?今日、誰もが本物のオイルを購入できます」
まず、世界の一部の地域では、オリジナルのトランスミッションフルードを購入するのはそれほど簡単ではありません。 特に自動車メーカーがATF / CVTFが生涯にわたって満たされていると宣言した場合。
第二に、認可されたディーラーやトレーダーは、「本物の液体が好ましい」というアドバイスを、カテゴリ別の「本物の液体のみ」に置き換えることがよくあります。 この大まかな操作に同意することは不可能です。

「GMとDexronが参照として使用されるのはなぜですか?」
今日、トランスミッションのGM-フォード合弁事業は、人生の傍観者であり、世界のトランスミッションの巨人であるアイシン、ZF、HPT、ジヤトコの影の奥深くにあります...それにもかかわらず、自動のマスマーケットを開拓したのはGMでした ATの世界最大のOEMサプライヤーであるトランスミッションとその流体仕様は、長年にわたって「ATF」の代名詞となっています。

「ユニバーサル/マルチ流体はどうですか?」
「トヨタ」トランスミッションのメーカー自体が、D-IIからのすべてのATFの代替として「アイシン」ブランドAFW +で製造された狭い特殊流体のアイデアにどのように関連しているかの良い例 TCやFEを含むすべてのCVTFの代替として、WS(および他のブランドの多くの純正ATF)とCFEx。


今日、それはトレンドになりつつあります。1つの流体(すべてのギアボックス用、別の流体)はすべてのCVT用で、初期のタイプとの完全な下位互換性があります(一部の石油メーカーは流体を中粘度と低粘度に分割することをサポートしています)。
もちろん、10年以上前にATFの互換性について述べた、私たちの言葉のそのような公式の確認をあらゆる方法で歓迎します。 しかし、もう1つの重要な原則である「十分に放っておく」を忘れないようにしましょう。10〜20〜30歳のトランスミッションを適切に操作するには、以前に使用したのと同じ液体を引き続き使用するのが最善です。

「交換間隔はどうですか?」
ええ、「何」だけでなく「いつ」も思い出すのが適切でしょう。ただし、現代のAT時代の初めから、答えは変わっていません。30〜40.000 kmごとに、80〜120.000 kmごとに少なくとも部分的な液体の交換(更新)を行う価値があります。サンプ、磁石、フィルターの交換。さらに良いことに、液体を「更新」するだけでなく、排気量によって変更します(クーラーホースを介して接続された特別な機器を使用して、エンジンの稼働中に新しい液体を供給し、古い液体を排出します-油圧ラインとトルクコンバーターをフラッシュできます)。
2000年代以降、多くの新しいトランスミッションがディップスティックを失い、ATF交換の推奨間隔がマニュアルから消えました(そして「車の耐用年数全体にわたって液体が満たされる」という概念が現れました)。公式には、40.000 kmごとに液体の状態をチェックし、特に厳しい条件下でのみ80.000km後に交換することが提案されています。そのような勧告への文字通りの順守は、すでに2番目の10万キロメートルで、トランスミッション、特に現代のものを破壊するでしょう。したがって、長時間のトラブルのない操作のためには、最新の車でも従来の「40t.km」のATF交換を実行することをお勧めします。
また、ディップスティックのない最新のギアボックスやバリエーターの場合、液体のレベルを交換および調整する手順に従うことが特に重要であることも覚えておく価値があります。

「メーカーは私のボックス(A541E、A340H、A245E)に何を推奨しましたか?」
トランスミッションの名前だけでなく、特定の車のモデルと年式も知っているので、メーカーの正確な推奨事項を呼び出すことができます。 まず、わずかに異なるデザインのいくつかのATは、同じトヨタの指定を持っていました。 第二に、モデルの単一世代の間でも、推奨事項は定期的に変更されました。

「フレックスロックアップとは?」
1990年代半ば以降、アイシンオートマチックトランスミッションはトルクコンバーター用の「部分ロックアップ」モード(FLU-フレックスロックアップ)を取得しました。以前は、トルクコンバーターは2つのモードで動作していました。エンジンから流体のみを介してトルクを伝達するモードと、クランクシャフト、コンバーターケース、および入力シャフトが摩擦クラッチとトルクによってしっかりと接続されているフルロックモードのいずれかです。従来のクラッチのように機械的に伝達されます。部分的にロックアップされたATには、力の伝達中にクラッチがスリップする可能性がある中間モードがあります。当初、部分ロックは軽負荷でかなり狭い速度範囲で使用されていましたが、燃費を向上させ、ダイナミクスを向上させるために、最新のATの完全ロックアップモードと部分ロックアップモードがますます頻繁に使用されるようになりました。
もちろん、FLUは日本のノウハウではないため、Dexron III仕様の開発以来、部分ロック付きATの要件が考慮されています。

「T-IVの代わりにDexronを埋めると、ジャークが発生しますか?」
新鮮な液体を充填する場合、本物の液体であっても、ATの動作にいくつかの変更が加えられる可能性がありますが、必ずしもポジティブなものとは限りません。 新鮮なATFは、その化学的/物理的特性が常に古いものとは異なり(さらに、2つの異なるタイプの新鮮な液体の違いよりもさらに)、独自の方法で、古いATFにすでに「適応」しているAT操作に影響を与えます。
私たちの実践では、T-IVの代わりに他のATFを使用した場合(3309仕様がなくても)、通常のATの動作に違いは見られませんでした。

「本物の液体の粘度はどこで確認できますか?」
トヨタのメインサイトには、塗料やオイルから不凍液や香料まで、すべての純正素材の安全データシートが古くから保管されています。

「純正タイプT-IVの最も正しい部品番号は何ですか?」
本物のトヨタATFは、さまざまな外形をとることができます。金属製の「日本製」缶(黒、白、灰色)、黒いプラスチック製の「米国」ボトル、灰色のプラスチック製の「ヨーロッパ製」缶... 単一の適切なバージョン。

「タイプTは正式にタイプT-IVに置き換えることができます」
一方では、1998年6月、トヨタは米国市場向けのサービス速報TC003-98をリリースしました。これによると、新しいATFタイプT-IVは以前のT-IIおよびT-IIIに完全に置き換わりましたが、タイプTには置き換わりませんでした。

しかし、すでに1999年5月に、更新されたTSB TC003-99速報がリリースされました。これによると、T-IVは現在タイプTの普遍的な代替品でした。

一方、国内市場向けの技術文書では、タイプTの代替品は提供されておらず、タイプT-IVのオリジナルの金属缶には日本語と英語で印刷されています。 「タイプTの代わりに使用することはお勧めしません」。


どちらのオプションがより正しいですか? タイプTフルードを使用したトランスミッションを備えた最初で最後の輸出モデルはRAV4SXA10(これらの速報が掲載された)でしたが、日本では1988年から2002年にA241HとA540Hでほぼ20の異なるモデルが製造されました。 したがって、全輪駆動の操作に関しては、国内市場の慣行はより信頼に値します。 そして今日、私たちは追加することができます-日本のトヨタ本社がタイプTの交換を公式に認めた場合、2020年代までこの流体を取引しなかったでしょうが、すぐにT-II、T-III、および本当に時代遅れの仕様を持つ他のオイルとして却下しました。

「T-IVの代わりにWSを使用できますか?」
2000年代後半の組立ラインから外れたばかりのATについて話していたとしたら、そのようなオプションは非常に受け入れられるように見えます。 ただし、すでに十分に古いATに関しては、不適切と思われます。

「結局のところ、この非純正オイルは私に個人的に合っているでしょうか?缶にはトヨタの適合性について書かれています」
一部のブランドではサポートされていないため、許容できる類似体をリストしたり、特定の選択を承認したりすることは控え、ある程度抽象化されたメモのみを優先します。
-まず第一に、伝統的なトヨタのパートナーであり、ほとんどの本物のオイルのメーカーの製品を検討する価値があります。

第二に-古典的なブランドの複数の流体(広告を必要としない);

-第三に-これは主に西ヨーロッパ市場に関係します-特定の国の主要な国内メーカーの製品;
-第4に-第2ランクのブランドおよび包装会社の自社ブランドの下でのマルチ流体。
いずれにせよ、ロシアの詐欺師が多数の疑似日本または疑似ヨーロッパのブランドで地元市場向けに宣伝している液体を購入するべきではありません。

「実際に非純正の液体を使用した人はいますか?」
携帯電話やインターネットがなかった時代、東部では凍った川沿いでしか車を運転できず、小競り合いが多かった時代に、日本車がここに登場したことを思い出してください。 地元の強盗...もちろん、2000年代の変わり目にのみ輸入され始めた「本物の液体」の概念すらありませんでした。
しかし、1990年代の初めから、何万台ものトヨタ(AT A241H、A540H、A245E、A340Eを含む)が、故障や問題なく、利用可能なオイルを使用してここで運転され、それらの多くは今日でも気分が良いです。< br>
「すべてが明確です...しかし、とにかく本物の方が良いのではないでしょうか?」
もちろん、車の利点に加えて、本物の液体の使用は所有者に鎮静効果をもたらし、彼の個人的な誇りを高めます。 ただし、本物のATFに加えて、使用するように規定されたマニュアルを忘れないでください。
-トヨタはエンジンオイルを承認しました;
-純正トヨタスーパーロングライフクーラントのみ;
-純正トヨタパワーステアリングフルード;
-純正トヨタブレーキフルード2500H;
-純正コンプレッサーオイルND-オイル...
トヨタ純正部品と同様。
トヨタ正規販売店からのみ購入しました。
そうでなければ、車はすぐにバラバラになりますね?









Рейтинг@Mail.ru