トヨタ車の4WD. i-Four

EN | RU | JP

Eugenio,77
mail@toyota-club.net
© Toyota-Club.Net
2011年3月〜2019年11月



外部のオブザーバーは、クラウンおよびマークファミリーの4WDを「自動接続」タイプと呼びました。これは理解可能であり、言い訳が可能です。そのような車の所有者のほとんど大部分が同じように考える理由を言うのはより難しいです。そして、「燃費、改善されたダイナミクスとドリフト能力」のために「全輪駆動をオフに」しようとする人たちの心の中に何がおかしいアイデアがあるべきかは本当に興味深いです...


元々の名称がi-Fourである4WDシステムは、1992年にトヨタ車に最初に取り付けられました。それ以来、マークIIおよびクラウンモデルで使用され、2000年代以降、関連するレクサスGSおよびISモデルで使用されています。

この方式は、自動変速機A340H(第2世代)とA341Hで使用され、その後、より近代的なA750H、A760H、A761Hで、UF1AEトランスファーと組み合わせて使用されました。


UF1AE。1-トランスミッション出力シャフト、2-フロントドライブチェーン、3-トランスファーコントロールバルブブロック、4-トランスファーコントロールソレノイド(4WDバルブ)、5-リア出力シャフト、6-センターディファレンシャル、7-トランスファーマルチプレートクラッチ

• ドライブタイプ-フルタイムの全輪駆動。.

• センターディファレンシャル-円筒形、非対称(前輪と後輪の間のトルク配分-30:70)。

正確な比率は、遊星歯車の歯数によって計算できます:
i12 = -z2/z1
i31 = 1/(1-i12) = z1/(z1+z2) = 37/120 ~ 0,308
i32 = i12/(1-i12) = -z2/(z1+z2) = -83/120 ~ 0,692

トランスファー(概念)。1-サンギア、2-リングギア、3-キャリア、4-ピニオンギア、5-リア出力シャフト、6-マルチプレートクラッチ、7-ギアボックス出力シャフト、8-チェーン、9-フロント出力シャフト。

自動変速機の出力軸に接続された遊星キャリア。キャリアとサンギアはトランスファークラッチを介して通信されます。太陽歯車から、チェーンドライブを介した回転はフロントプロペラシャフトに行き、エピサイクルからの回転はリアプロペラシャフトに行きます。


トルク分布。1-トランスミッション、2-フロントドライブチェーン、3-フロントプロペラシャフト、4-トランスファクラッチ、5-プラネタリリングギア、6-プラネタリピニオン、7-プラネタリキャリア、8-プラネタリサンギア、9-リアプロペラシャフト

• センターディファレンシャルロックは、電子制御マルチプレート油圧機械式クラッチによって実行されます。クラッチは、遊星歯車装置と前輪駆動部の間にあり、「湿式」ディスク、プレート、ピストンで構成されています。構造はオートマチックトランスミッションクラッチに似ており、圧力ディスクと摩擦ディスクの速度差によって生じる摩擦抵抗を利用しています。ロック力は、クラッチピストンに作用する圧力を変化させることにより制御されます。ロック力に応じて、前輪と後輪の間のトルク配分は30:70から50:50の範囲になります。


トランスファークラッチ。1-クラッチドラム、2-トランスミッション出力シャフト、3-ピストン、4-センターディファレンシャル、5-リア出力シャフト、6-プラネタリーキャリア、7-クラッチハブ、8-マルチプレートクラッチ

• i-Fourは、ホイールスピードセンサー、ステアリングホイールポジションセンサー、スロットルポジションセンサーからの信号に基づいて、ABSコントロールユニット(後のモデルでは別の4WDコントロールユニットが実装されました)によって制御されます。


4WDコントロール(後期モデル)。1-フロントスピードセンサー、2-スロットルポジションセンサー、3-リアスピードセンサー、4-ステアリングセンサー、5-PNPスイッチ、6-ECM、7-4WD ECU、8-スキッドコントロールECU、9-ネットワークゲートウェイECU、10 -コンビネーションメーター、11-トランスファーコントロールソレノイド。a-CAN

クラッチは、トランスファーのバルブブロックにあるリニアソレノイドバルブ(4WDバルブ)、モジュレーターバルブ、スプールバルブを使用して制御されます。

トランスミッションでは、オートマチックトランスミッションからの線形圧力が使用されます。モジュレーターバルブと4WDバルブを使用して、スプールバルブの制御圧力は線形圧力から変調されます。次に、線形圧力から、クラッチのピストンに直接作用する操作圧力を調整します。


油圧ダイアグラム。1-オイルポンプ、2-モジュレーターバルブ、3-トランスファーコントロールソレノイド、4-コントロールバルブ。a-ライン圧力、b-コントロール圧力、c-クラッチ圧力

バルブブロックは、トランスファーの下部の別のカバーの後ろに取り付けられています。


バルブブロック。1-モジュレーターバルブ部分、2-コントロールバルブ部分、3-バルブボディカバー、4-上部バルブボディ、5-トランスファーコントロールソレノイド

4WDバルブアーマチュアは、電磁石に供給される電流に比例して引き出し、スプールを動かします。スプールは、アーマチュアからの力に対応する制御圧力を調整します。つまり、現在の値に比例します。


4WDバルブ。1-圧力調整バルブ、2-スプール、3-電磁石

バルブはPWM原理によって制御されます。コントロールユニットの端子SLC + / SLCからのパルス信号により、バルブのマグネットコイルの電流を0〜3アンペア以内で変更できます。


製造元は、いくつかの制御アルゴリズムについて説明しています:
- 起動。スロットルポジションセンサー、ブレーキライトスイッチからのデータが使用されます。ディファレンシャルは早期にロックされ、スリップを防ぎ、ヒルスタートまたは滑りやすい路面のスタートアップを改善します。
-低速で回転します。ハンドル位置センサーからのデータが使用されます。タイトなコーナーブレーキング現象を防止するために、差動ロック比は最小です。
-起動時に滑る。スロットルポジションセンサー、ステアリングホイールセンサー、ホイールスピードセンサーからのデータが使用されます。車が車輪を回転させた状態で始動する場合、前のアルゴリズムでは、差動ロック力を減らす必要があります。しかし、滑りやすい路面では、後輪に過剰な駆動力がかかると横滑りが発生する可能性があり、コントロールユニットは前輪と後輪の速度差を判断して、クラッチをすばやくロックします。
-運転中の滑り。ホイールスピードセンサーからのデータが使用されます。中速以上の速度で走行する場合、コントロールユニットは車輪速度の差を決定し、安定走行に必要なクラッチロック比を計算します。
-加速。スロットルポジションセンサーとホイールスピードセンサーからのデータが使用されます。中速から高速で加速する場合、コントロールユニットは車輪速度の差を監視し、スリップを防ぐために必要なクラッチロック比を計算します。


ドライバーによる4WD制御はありません。

初期のモデルでは、2つのコンビネーションメーターインジケーターが使用されていました:
-「スリップ」は、ホイールが滑っているときに点灯し、滑りやすい路面での走行についてドライバーに通知します。VSC付きのモデルでは、安定化システムの作動を示します。
-イグニッションスイッチをオンにしてから数秒後に「4WD」が点灯して消えます。常時点灯している場合は、全輪駆動システムの不具合を示しています。


その後、4WDの故障に関するレポート機能がトリップコンピュータに渡されました。


i-Fourシステム制御に関連する障害コード:
OBD DTC# フラッシュ DTC# コード
C124194低電源電圧
C129696ABS不具合
C129797ステアリングアングルセンサー
C129898リニアソレノイド回路
C1299994WDコントロールのキャンセル
U007386制御モジュール通信バスオフ
U010085ECM / PCMとの通信が失われました
U012684ステアリング角度センサーとの通信が失われました
U012983ブレーキシステム制御モジュールとの通信が失われました



• コメントから:「これは通常のFourの説明です... i-Fourは4輪駆動+ VSC + TRC + 4WSです... 4とi-fourの違い...」
トヨタのドキュメンテーションにおけるこの全輪駆動システムの唯一の正しい名前は「i-Four」であり、他の補助システムの有無に依存しません。同時に、車両グレード名は「i- Four」(クラウンマジェスタ140 .. 200、クラウン180..200、アリスト140)、「4」(マーク90..130、クラウン140)で何でもかまいません。 ..170)、または全輪駆動(IS、GS)についての言及なし。そして、ある「普通の四」は、地元の伝承の産物です。

• フォーラム、youtube、websearchには、「mark2の四輪駆動を無効にする」、「ボタンで4WD」、「夏の四輪駆動を無効にする方法」などのトピックが豊富に散らばっています-関連する写真とビデオガイド。ABSヒューズを取り外したり、後輪速度センサーへの配線を外したりして、ブレーキ電子回路全体を非アクティブにするのは通常のことです。または、OBDコネクタの端子をブリッジして、ブレーキコントロールをサービスモードに切り替えます。または、ABSの動作を維持するために、スイッチを4WDバルブへのワイヤーに取り付けることによって「ボタンマン」になります...
彼らはこれらの操作が自動デフロックをオフにするだけであることを考えていませんが、センターデファレンシャルは正直にフルタイムの全輪駆動を提供します... El sueño de la razón produce monstruos


トヨタ車の4WDレビュー
· A241H · A540H · ATC/DTC · V-Flex · DTV · i-Four · Torsen · E-Four ·









Рейтинг@Mail.ru