ハイゼットモデルのAWD

EN | JP
英語の原文をお勧めします

Eugenio,77
mail@toyota-club.net
© Toyota-Club.Net
2021年12月

ダイハツハイゼットは、FRプラットフォームの軽自動車であるだけでなく、60年の歴史を持つサブカルチャー全体です。 この記事では、ハイゼットラインナップ車の4WDトランスミッションが発売されてから現在に至るまでの開発を思い出します。


1982

最初の全輪駆動ハイゼットはS66でした。 その4WDタイプ-フロント出力シャフトへのギアドライブを備えたデュアルレンジパートタイム。

フロントディファレンシャル-コンベンショナル、リア-フリーまたはオプションのLSD(フリクションタイプ)。 転送制御はレバーによって機械的に行われます。 1年後、フロントフリーホイールハブがオプションとして提供されました。




1986

次世代のハイゼット/アトライ(S81-S83)には、数種類の更新された全輪駆動が搭載されていました。

メインタイプ-デュアルレンジパートタイム。 フロント出力シャフトへのチェーンドライブ、2WD / 4WDスイッチング用のバキュームサーボ。 フロントディファレンシャル-ADDタイプ(右ドライブシャフトはバキュームサーボにより2WDモードで切断されています)。


トランスファーレバーのボタンは、トランスファーとADDで4輪モードをアクティブにします。レバー自体は、ロー/ハイギアを切り替えるために使用されます。



2番目のタイプ-高度な「オールタイム」(センターディファレンシャル、シングルレンジを備えた切り離し可能な4WD)。 機械的ロックを備えた面取りされた対称ディファレンシャルは、あらゆるタイプの路面で4WDモードで運転できますが、2WDモードは高速道路と燃費を目的としています。 フロントディファレンシャル-ADD、パートタイムのものと同様。


トランスファーレバーのボタンで4WDとADDが作動し、レバー自体がセンターデフロックをかけるために使用されます。




リアデフは、フリーまたはオプションの「スーパーデフロック」のいずれかです。 ロックは、アクスルシャフトの追加スプラインとデフケースの突起のスプラインを接続するスリーブを動かす別の真空サーボによって実行されます。 ロック制御-ボタンによる。



1992

最後に、オートマチックトランスミッション付きの全輪駆動バージョンが登場しました(マイクロバンのみ):シンプルなシングルレンジパートタイム。



1994

次世代のハイゼットS110 /アトライS130Vは、3つの4WDタイプの同じセットを保持しました:パートタイムのデュアルレンジとMTのオールタイム、ATのパートタイム。


オプションのリアデフロックを右から左のアクスルシャフトに移動しました。


フロントADDのデザインが変更されました。



1998

現代性への移行(キャブオーバートラックS210P / S211PおよびセミボンネットマイクロバンS210V)は、フルタイムAWDおよびセンターディファレンシャルの拒否によって特徴づけられました。

MTバージョンには3つの4WDタイプのいずれかがありました:
-パートタイム(デュアルレンジ)(トラックのみ)。 フロントディファレンシャル-ADD、リア-フリーまたは「スーパーデフロック」。


-パートタイム(シングルレンジ)。


-フレックス4WD-ビスカスカップリングを介して自動的に接続された前輪駆動を備えた新しいシングルレンジタイプ。 フロントディファレンシャル-従来型、ADDメカニズムなし。
ダイハツとトヨタはこのスキームを「フルタイム」に分類し、カタログと仕様を大きく混乱させました。もちろん、これはフルタイムのAWDではなく、クラシックな「オンデマンド」です。


ATバージョンには2つの4WDタイプのいずれかがありました:
-パートタイム(シングルレンジ)。
-フレックス4WD。



2000

マイクロバンダイハツアトライS230V /アトライワゴンS230G、アトライ7 S231Gとそのリバッジバージョンのトヨタスパーキーは、追加オプションなしで唯一のフレックス4WDタイプを受け取りました。



2004

マイクロバンの世代交代ダイハツハイゼットカーゴS330 /アトライワゴンS330G / S331G、前世代のまま。

4WDのデザインは変更されていませんが、オプションのセットは少し異なります。 MTバージョンにはパートタイムのAWD、シングルまたはデュアルレンジがありました。 リアの「スーパーデフロック」はS210でのみ使用できます。 ATバージョンにはまだシンプルなパートタイムかフレックス4WDのどちらかがありました。



2007

ハイゼットのセミボンネットバージョンをベースに、インドネシア部門は従来のエンジンを搭載した大型モデル(ダイハツグランマックス)を開発した。 日本ではトヨタタウンエース/ライトエース(S412 / S413)としてリバッグされました。

リアルフルタイムAWDは、対称斜角センターデフと機械式ロックで使用されます。 フロントとリアのディファレンシャルは従来のフリーです。


センターデフロック制御-バキュームサーボ経由。



2011

これまで軽自動車を製造したことのないトヨタは、「ピクシス」サブブランドを作成し、ハイゼットトラックやバンなど、多くのダイハツモデルを採用し、ピクシストラックやピクシスバンとしてリバッグしました。

MTを搭載したトラックは、シングルまたはデュアルレンジのパートタイム4WDで、ATはシンプルなパートタイムでした。 フロントディファレンシャル-ADD、リア-フリーまたはオプションの「スーパーデフロック」。
MTとATの両方を備えたバンは単純なパートタイムでした。 フロントディファレンシャル-ADD、リア-フリー。

図は、パートタイム4WD制御システムの詳細を示しています。VSVを介して、インテークマニホールドまたはバキュームレシーバーからのバキュームがアクチュエーターに供給され、アクチュエーターはADDとトランスファーケースのロッドとスリーブを動かします。 さらに2つの同様のVSVがリアデフロックバキュームサーボを作動させます。

パートタイムの4WD図。 1-VSV2、2-VSV3、3-VSV4、5-インテークマニフォールドへ、5-チェックバルブ、6--4WDポジションスイッチ、7-トランスファーアクチュエーター、8-4WDコントロールスイッチ、9-プロペラシャフト、10-4WDインジケーターライト 、11-VSV1、12-フロントディファレンシャル、13-フロントディファレンシャルクラッチ、14-フロントアクスルアクチュエーター

パートタイムの4WDコンポーネントレイアウト(バン)。 1〜4WDインジケーターライト、2〜4WDコントロールスイッチ、3〜チェックバルブ、4〜4WDポジションスイッチ、5〜VSV3、6〜真空タンク、7〜VSV2、8〜VSV1、9〜VSV4

パートタイムの4WDコンポーネントレイアウト(トラック)。 1-VSV3、2-真空タンク、3-VSV4、4-VSV1、5-4WDコントロールスイッチ、6-VSV2、7-4WDポジションスイッチ、8-H/Lポジションスイッチ、9-チェックバルブ、10-4WDインジケーター ライト



2014

ハイゼットトラックとピクシストラックの世代が変わり(S510)、マイクロバンは同じボディのままでした。


MTバージョンではシングルまたはデュアルレンジパートタイムが利用可能でしたが、ATではシングルレンジパートタイムのみでした。 フロントディファレンシャル-ADD、リア-フリーまたはオプションの「スーパーデフロック」。

4WDモードは、滑りやすい路面、雪道、砂、起伏の多い地形、斜面での運転のみを目的としています。 車両が直進し、速度が時速80km未満のときにオンにするように規定されています。


リアデフロックがオンの場合、時速15kmを超える速度で運転することはお勧めしません。



2021

ハイゼットカーゴ/アトライとピクシスバンの世代が変わった(S710)。



MTバージョンの4WDは同じままでしたが、従来のオートマチックトランスミッションの代わりに、かなり複雑なCVTが導入されました。 この場合、「オンデマンド4WD」が使用されます。前輪駆動は、「ロッキング」エミュレーションを備えた電子制御の油圧機械式クラッチを介して接続されます。 CVT自体の注目すべき機能:リバースドライブでは、ギアトレインがバリエータープーリーをバイパスしてセカンダリシャフトに直接使用されます。


制御-3ポジションスイッチ(2WD-4WD AUTO-4WDLOCK)による。


前世代に残ったハイゼット/ピクシストラックについても、同様のオートマチックトランスミッションのCVTへの交換を行った。 オプションのリアデフロックは、MTとCVTの両方で利用できます(車速に応じてオフとスイッチを切り替える電子機器が制御回路に登場しました)。


トヨタ四輪駆動。 レビュー
· ATC/DTC · V-Flex · DTV · i-Four · Torsen · E-Four ·
· C.Diff Auto A241H / A540H · C.Diff Lock · C.Diff Visc · FT-Visc ·